スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マニ活日記vol,120  甲種車両輸送列車撮影記 →ご近所の話題  (2006年8月2日号)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マニ活日記

マニ活日記vol,121  「むさしの奥多摩」号リターンズ!

 ←マニ活日記vol,120  甲種車両輸送列車撮影記 →ご近所の話題  (2006年8月2日号)
今年春の行楽シーズンに初めて設定され、主に鉄道趣味人の話題を呼んだ快速「むさしの奥多摩」号(大宮~立川~奥多摩間・小山車両センター115系Y427編成)ですが、この夏再び設定されました。

2度目のシーズンだからなのか、同列車にカメラを向けている鉄道ファンはあまり見かけませんでしたが、個人的には青梅線に湘南色115系が帰ってきたのは喜ばしい事だと思います。

物珍しさから鉄道ファンが大挙集まった春シーズンとは違い、一般の行楽客がどれだけ利用してくれるかがこの列車の今後の課題と言えるでしょう。
国営昭和記念公園最寄り駅の西立川駅や、渓谷など観光スポットの多い鳩ノ巣駅にも停車させても良いような気がしますが・・・。


はたして秋の紅葉シーズン、湘南色の115系はまた青梅線に帰って来るでしょうか・・・? 期待しましょう。



115系Y427編成が担当する唯一の営業列車が、この「むさしの奥多摩」号。
中神にて。

ome-extra041_c.jpg

ome-extra042_c.jpg




拝島にて昼寝中。
ome-extra039_c.jpg




【参考】幣ブログ2006年5月2日付記事・マニ活日記vol,100 湘南色の115系・快速「むさしの奥多摩」号を撮る
スポンサーサイト



~ Comment ~

No Subject 

ますます、113・115系が魅力的に見えてくる今日この頃です。新旧交代は致し方ないですが、少しでも長く「国鉄型」が生き延びて欲しいものです。

No Subject 

>>N'EX様

いつもコメント有難うございます。
ご覧頂いた115系Y427編成の去就は非常に微妙な所でして、春に続き再び営業列車に充当された事は115系愛好者としてとても喜ばしい事です。

首都圏の国鉄型近郊型電車は活躍の場が年々狭くなっていますが、まだ頑張ってほしい・・・と私も思っております。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マニ活日記vol,120  甲種車両輸送列車撮影記】へ
  • 【ご近所の話題  (2006年8月2日号)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。