スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マニ活日記vol,124  今年も諏訪湖花火臨を撮る →マニ活日記vol,126  大井川鐵道井川線(南アルプスあぷとライン)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マニ活日記

マニ活日記vol,125  VIVA! SL!! 大井川鐵道に乗る

 ←マニ活日記vol,124  今年も諏訪湖花火臨を撮る →マニ活日記vol,126  大井川鐵道井川線(南アルプスあぷとライン)
お待たせしました。大井川鐵道乗車記です。


大井川鐵道に乗るのはこれが初めてでして、この日が来るのを心待ちにしていました。

予め予約をしていた金谷駅11時48分発のSL急行列車に乗って、寸又峡温泉への玄関口である千頭駅へ向かいました。



金谷駅に回送でやってきたSL列車。
機回しができないので、電機の牽引で到着です。

oi001_c.jpg




1号車・スハフ42 304に乗りました。
ご覧のように観光客で大混雑でした。

oi004_c.jpg

oi002_c.jpg



懐かしさが蘇る客室内。
(上)今は使用されていない洗面所
(中)「JNR」の文字が残る扇風機
(下)蛍光灯具

oi005_c.jpg

oi006_c.jpg

oi017_c.jpg




金谷駅を発車し、大きく左カーブしてJR東海道線と別れます。
oi007_c.jpg




次の新金谷駅では、先ほどの電気機関車が切り離されました。
oi016_c.jpg




五和駅あたりからは次第と山の中へ。
町の人も乗客も手を振っています。

oi019_c.jpg

oi020_c.jpg




川根路はお茶の名産地。
su002_c.jpg




大井川の流れに沿うようにして走ります。
su003_c.jpg

su005_c.jpg

su006_c.jpg




駿河徳山駅。このような趣のある木造駅舎が多いですね。
oi021_c.jpg




そして13時12分、終点千頭駅に到着。
大井川鐵道のSLは運転開始から30周年を迎えました。

oi025_c.jpg

oi022_c.jpg

oi030_c.jpg




乗ってきた列車の牽引機はC11 190でした。
IT時代に生まれた子供たちにもSLは大人気のようです。

oi027_c.jpg




千頭駅~寸又峡温泉間のバス。所要は約40分です。
大井川鐵道のバス路線は、現在ではこの路線だけとなってしまいました。

oi031_c.jpg




千頭駅で休息中の各車両たち。
もと近鉄の420系同16000系C11 227・C56 44旧型客車

oi023_c.jpg

oi024_c.jpg

oi026_c.jpg




翌日の帰路も空席があったので、SL(千頭15時23分発)で帰る事にしました。
帰り(金谷行き)は、SLが後ろ向きで引っ張って行きます。

oi049_c.jpg




乗った客車はオハ35 435でした。
ニス塗りの木壁に感激です。

oi053_c.jpg

oi047_c.jpg

oi048_c.jpg







さて、ここからは車内から撮影した他の車両の画像を並べていきます。

「トラストトレイン」牽引機のC12 164と思われます。
oi009_c.jpg




E101型(左)といぶき501型(右)。

いぶき501型は、大阪セメント伊吹工場の専用線で使用されていた機関車で、トラック輸送化による同専用線廃止により2000年2月に大井川鐵道へ譲渡。

なお2000年5月~2003年3月まで、中部国際空港(セントレア)建設による土砂輸送で三重県の三岐鉄道へレンタルされました。

oi010_c.jpg




オハフ33 459
oi015_c.jpg

スハフ42 186
oi050_c.jpg

お座敷車両のスイテ82(上)とナロ80(下)。昔の西武鉄道の車両(サハ1426・1515)を改造したもの。
oi051_c.jpg

oi052_c.jpg




もと西武・近鉄・南海の車両が一堂に会するのはここだけですね。
手前にいる、もと西武351系の312系はすでに運用を離れています。

oi013_c.jpg



もと南海ズームカー21000系。
oi011_c.jpg




ここ、大井川では改めて鉄道の良さを感じました。
また、沿線観光地への集客にはSLが欠かせない存在になっている事も実感しました。

今年で30周年目との事ですが、ぜひ後世へSL運転を残してほしいと思います。

スポンサーサイト

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マニ活日記vol,124  今年も諏訪湖花火臨を撮る】へ
  • 【マニ活日記vol,126  大井川鐵道井川線(南アルプスあぷとライン)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。