スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←新車納入 →管理人敬白(2006・10/15)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マニ活日記

マニ活日記vol,141  中央線(西国分寺~立川間)下り線切替工事

 ←新車納入 →管理人敬白(2006・10/15)
c-works20061009008_c.jpg



10月8日深夜~9日朝にかけて、中央線は西国分寺~立川間で下り線の仮線移設工事を行いました。


前回行った上り線の移設工事からはや1年超。工事中の列車運行形態やバス代行輸送などは去年と概ね同じだったようです。

朝7時前には予定通り工事は終了し、通常ダイヤ(※下り「スーパーあずさ1号」は運休)での運行を再開しています。


今年も早起きして、車で国分寺~国立へ行ってみました。



切替工事時限定の西国分寺行き表示。
30分近く間隔が開きます。  国分寺2番線にて。

c-works20061009001_c.jpg




昨夜~今朝の国分寺⇔西国分寺間折返し列車は201系T29編成(左)でした。
余談ですが、中央線新型車E233系は「西国分寺」表示も可能なようです。

c-works20061009003_c.jpg




東京方からの列車は1・3・4番線をフルに使って折返し。
通常は夜中にしか見られない「国分寺」幕を撮る事ができました。

c-works20061009002_c.jpg




この他にも、普段なかなか見られない光景を見る事ができました。

下り線から上り本線に入る201系。
c-works20061009005_c.jpg




下り副本線から上り東京方へ発車する201系。
c-works20061009004_c.jpg




各駅停車用のE231系が国分寺で2本並ぶのもこの時ならでは。
c-works20061009006_c.jpg




下り線から上り本線に入るE231系(武蔵小金井からの回送)。
所定は立川始発ですが、今日は国分寺始発。

c-works20061009007_c.jpg




西国折返し運用に入っていたT29編成ですが、そのまま下り新線の試運転列車になりました。
c-works20061009993_c.jpg



国分寺を後にし、西国分寺を通って国立へ向かってみました。

西国分寺駅東側で待機する代行バス。
手前に立川・京王、奥に西武バスが見えます。

c-works20061009011_c.jpg




(上)京王電鉄バス(下)立川バスが続けてやってきた。
国分寺市泉町2丁目にて。(※信号待ち中に撮影)

c-works20061009012_c.jpg

c-works20061009013_c.jpg




島式ホームになった国立駅。
立川方先端からはやっぱり撮れなさそうです。

c-works20061009014_c.jpg


c-works20061009015_c.jpg




こちらが噂の国立駅南口改札ですが…

ちなみに6~7年くらい前は、国立駅の近く(※北口ですけど…)に住んでいました。

c-works20061009017_c.jpg


c-works20061009016_c.jpg




バスの案内所とかがあった所に新駅舎(仮?)が建っていました。
馴染みのある三角屋根と比べるとやはりショb…(ry

c-works20061009019_c.jpg




いつの日か、国立の街に「三角屋根」は戻ってくる…
c-works20061009018_c.jpg


c-works20061009020_c.jpg




来年春には、東区間(三鷹~国分寺間)下り線が遂に高架に上がる予定です。

今後も、変化を遂げる中央線の様子をできるだけ追っていきたいと思います。


【以下のブログへTBを送信させていただきました。】
「TOMOの鉄日誌」さん
「kaz-T's blog レインボーライン」さん
「栃木路快速」さん
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国立駅

三角屋根で親しまれてきた、国立駅(Wikipedia)南口の駅舎ですが、中央線高

中央線 西国分寺~立川間線路切替工事直前の様子

ここ数日、我が家のADSLモデムの調子が悪く、今週中は、更新が遅れたり、更新順序
  • 【新車納入】へ
  • 【管理人敬白(2006・10/15)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。