スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←管理人敬白(2006・10/15) →マニ活日記vol,143    鹿島臨海鉄道7000型「マリンライナーはまなす」走る
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マニ活日記

マニ活日記vol,142  秩父鉄道を訪ねる

 ←管理人敬白(2006・10/15) →マニ活日記vol,143    鹿島臨海鉄道7000型「マリンライナーはまなす」走る
下記マニ活日記vol,141で書いた中央線線路切替工事の様子を見に行った後は、一旦帰宅して再度秩父へ出かけました。


西武新101系を改造した6000系急行型車両をまだ見ていなかったので、天気も良かったし撮りに行こうと思った次第です。

本当は、11月25日に引退を迎える165系改の3000系撮影も含めてもっと早いうちに行きたかったんですが、なかなか機会に恵まれずようやくこの日に行く事になりました。



西武線と接続する御花畑駅から三峰口へ向かいました。
10時43分発、急行秩父路3号は6001編成でした。

titi002_c.jpg




西武10000系特急車で使用されていた座席が並ぶ客室内。
一部を除き、向かい合わせの配置になっています。

titi003_c.jpg




101系時代に存在していた車両中央のドアを潰して、2ドア化されました。
ドアがあった箇所には大型の窓が設置されています。

titi005_c.jpg




車端部の銘板。西武車両の担当ですね。

この6001編成の改造は秩父鉄道の広瀬川原車両区で施工されましたが、後続の6002、6003編成は西武鉄道武蔵丘車両基地で改造工事が行われました。

titi008_c.jpg




(上)6001編成(もと西武229F)。(下)6002編成(もと西武231F)。
三峰口にて。

titi006_c.jpg

titi007_c.jpg




もと国鉄101系の1000系もまだ現役で活躍中。
3両編成が12本在籍しています。
101系がまともに走っているのは、今や全国的にここだけになりました。

titi011_c.jpg




国鉄時代には無かった「前パン」です。
titi014_c.jpg




1000系の運転台(上)と客室(下)。
titi012_c.jpg

titi013_c.jpg




三峰口駅全景。
もと国鉄・都営・西武(←現役含む)の車両が一堂に会する。

titi016_c.jpg




もと都営三田線6000系の5000系は1999年に入線し、3両編成4本が在籍しています。
白久~三峰口間にて。

titi017_c.jpg




山々に汽笛を響かせながら、SL「パレオエクスプレス」がやって来ました。
白久~三峰口間にて。

titi018_c.jpg




転車台で方転するC58 363。
祝日だけあって、多くのお客さんが集まってカメラを向けたりしていました。

titi021_c.jpg

titi022_c.jpg



折角だったので、折返し14時09分発のSL列車に御花畑まで乗って帰りました。

残念ながら3000系急行車は見られませんでしたが秋晴れの下、いい「遠足」になりました。
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【管理人敬白(2006・10/15)】へ
  • 【マニ活日記vol,143    鹿島臨海鉄道7000型「マリンライナーはまなす」走る】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。