スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←お陰さまで200,000HIT達成しました →マニ活日記vol,377   2008年川越車両センターまつり・続編
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マニ活日記

マニ活日記vol,376 2008年川越車両センターまつり・「MUE-Train」に出会う

 ←お陰さまで200,000HIT達成しました →マニ活日記vol,377   2008年川越車両センターまつり・続編
18日はJR東日本川越車両センターの一般公開「川越車両センターまつり」に行ってきました。


家を出るのが昼頃になってしまったんですが、展示車両を撮影するには午後が順光となる為、ちょうど良かったのかも(笑)
西武新宿線を利用して本川越へ向かいました。

しかし、大きな誤算が。。。
「ずいぶん西武線の車内が混んどるなぁ・・・」と思ったんですけど、それもそのはず。

この日、川越市では国から重要無形民俗文化財に指定されている「川越まつり(川越氷川祭の山車行事) 」が行なわれており、市内中心部では交通規制が敷かれるなど大変な賑わいぶり。
本川越駅からJR川越駅までの間、すごい人出で移動に時間がかかってしまいましたorz

それでも現地には13時半頃に到着(最終入場は14時)し、とりあえずイソイソと撮影を始めました。

今年展示されてあったのは、奥からクモヤ143・埼京線用205系・209系多目的試験車「MUE-Train」(ミュートレイン)。
そして洗浄線体験は209系3100番台、そして休憩用車両として201系「四季彩」・485系お座敷電車「ニューなのはな」・・・というラインナップでしたね。

とりあえず、この「MUE-Train」は別ワクで書きたいと思います。



「車両の性能向上に関する開発」「次世代車両制御システムの開発」「営業用車両を用いた地上設備の状態監視用機器の開発」の3つの課題を走行試験にて実証するにあたり、効率的な試験を行なう為に計画された専用車両がこの「MUE-Train」です。

種車は京浜東北線で使用されていた209系ウラ2編成で、10両中7両が長野総合車両センターにてこの「MUE-Train」に改造されました。



【参考資料】
JR東日本ホームページ・2008年10月7日付プレスリリース「在来線用試験電車 MUE-Train(ミュートレイン)について」(※PDFファイル)
http://www.jreast.co.jp/press/2008/20081004.pdf



外観はほぼ原型を留めていますが、車体には鮮やかな白のラインが引かれてます。
個人的にはカッコ良く思えるんですけど、皆さんのご感想はいかに・・・??

mue-t001_c.jpg

mue-t003_c.jpg


目玉車両なだけに編成写真が撮りやすいよう展示されてました。

この「MUE-Train」、来月より宇都宮線を中心に試験運転を開始するそうですね。
ぜひ走行中の姿も記録しておきたい所です。


※「MUE-Train」形式・車番
(7号車)クヤ209-2+モヤ209-3+モヤ208-3+サヤ209-8+モヤ209-4+モヤ208-4+クヤ208-2(1号車)
●形式は「ハ」→「ヤ」に変更、車番は種車時代のままです。



まさに祭りのあと。
「MUE-Train」と「四季彩」を一緒に収めてみました。

201ec-shikisai-64_c.jpg



つづく。。。
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【お陰さまで200,000HIT達成しました】へ
  • 【マニ活日記vol,377   2008年川越車両センターまつり・続編】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。