スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マニ活日記vol,377   2008年川越車両センターまつり・続編 →マニ活日記vol,379   E231系三鷹車の試運転
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マニ活日記

マニ活日記vol,378 中央線快速E233系に珍編成登場?

 ←マニ活日記vol,377   2008年川越車両センターまつり・続編 →マニ活日記vol,379   E231系三鷹車の試運転
今年に入り、色々とトラブルに見舞われ受難続きのE233系豊田車。


今月18日には荻窪駅での人身事故の影響でH52編成の10号車・クハE232-52のフロントガラスが破損。そして、21日には朝の大月・河口湖発の09H運用に入っていたH44編成が不具合を起こして離脱・・・。

相次ぐ運用離脱により車両運用も逼迫しているようですが、予想外の出来事が。。。


22日より、被害を受けていないH52編成の1~9号車(9両)にH44編成のクハE232-44を10号車に連結し、10両編成1本を捻出したんですね。これには正直驚きました。


H52編成は東急車輛製で、H44編成は川崎重工製。
この両社では車両の製造工法が違うので車体を見ると差異があるんですが、その差異がある車両が
同じ編成に混結された事になります。

少なくともE233系では初の事例で、珍しいケースとなってます。



クハE232-44(H44編成)を10号車に組み込んだH52編成。
パッと見ではわかりませんが。。。  以下、八王子にて。

e233ech44with52-2_c.jpg



【左】クハE232-44(川重製) 【右】モハE232-610(東急製)
鴨居部のラインカラー帯の位置が違う他、窓の上端や転落防止ホロの位置も違います。
また川重製の車両は妻面にビード(ステンレスのひだ)が多数存在しますが、東急製の車両にはありません。

e233ech44with52-3_c.jpg

画像 2423z_c



モハE232-610【右】の妻面にクハE232-44【左】の妻面ビードが映り込んでいるのがお分かりいただけるでしょうか?
画質悪くてスンマセン。。。

e233ech44with52-4_c.jpg


なんか構図に工夫が足りなかった感がしますね(苦笑)
この混成は一時的な措置かと思われるので、記録される方はお早めに。。。

余談ですが、8月下旬に高尾駅で冠水の被害に遭ったT35編成ですが、23日の47T運用にて復帰を果たしました。


ご一緒したタモさん(笑)、お疲れさまでした。
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マニ活日記vol,377   2008年川越車両センターまつり・続編】へ
  • 【マニ活日記vol,379   E231系三鷹車の試運転】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。