スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←E257系+E655系TR試運転 →マニ活日記vol,391 東急8500系、秩父鉄道へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マニ活日記

マニ活日記vol,390 年明け早々切り替え!中央線連続立体交差事業現場見学会に行く

 ←E257系+E655系TR試運転 →マニ活日記vol,391 東急8500系、秩父鉄道へ
画像 2610_c

13日の事。

来年1月に切り替え工事を控えている中央線連続立体交差事業西側区間(西国分寺~立川間)の下り線ですが、国立駅で現場見学会が行なわれるというので昼過ぎから行ってきました。

国立は数年前に部屋を借りて住んでいた事があり(北口側ですけど・・・)、個人的には思い入れのある場所。
当時はまだ工事の着工もされておらず、有名な三角屋根の駅舎も健在でした。


どういう風に変貌するのか・・・は、↓の写真にてご覧ください。



会場の入口先には工事の写真パネルが展示してありました。
201系もまだ多数健在だった頃ですね。

画像 2606_c

画像 2607_c


そして、受付で渡されたヘルメットをかぶって真新しい高架ホームへ上がります。



武蔵境や東小金井に似た雰囲気のホームです。
画像 2608_c

画像 2619_c



既存のホームより数メートル高い所に位置します。
画像 2609_c

画像 2621_c



立川方ホーム先端より。
画像 2611_c



軌道敷に下りる事ができる貴重な体験でした。
出発信号機が建植されてますね。

画像 2612_c

画像 2613_c



こちらは西国分寺方。
画像 2615_c



接近する下り電車。
画像 2618_c
工事完了後はまっすぐこっちへ向かって来ます。
画像 2617_c



南口ロータリーや南へ延びる大学通りを見渡せる場所は大きなガラス張りになってます。
クリスマスイルミネーションもここからよく見えそうです(笑)

画像 2620_c



一通り見て回って退場し、ロータリーの反対側へ。
ここから見る景色は数年でガラッと変わりましたね。

画像 2622_c



こちらはまだ手付かずの北口。
いずれは大変貌するのだろうか?

画像 2623_c



中央線国立駅付近下り線の切り替え工事は、来年1月10日(土曜)夜~翌11日(日曜)早朝にかけて行なわれます。

【参考資料】
JR東日本八王子支社2008年10月15日付・「中央線高架化工事に伴う列車運休のお知らせ」(※PDFファイル)
http://www.jreast.co.jp/hachioji/info/081015/chuou_kouka.pdf
スポンサーサイト



~ Comment ~

すっかり 

忘れてました(苦笑)

国立は高校の最寄り駅だったので(自転車通学でしたが(笑))、卒業後も度々利用した懐かしい駅です。
その駅も近代化されるんですねー。 そりゃ年取る訳ですな…。

 

>>三鷹区浅倉派様

ウチらも気づけば『アラサー』ですからね(笑)

国立は中央沿線の街では、何か独特な感じがするんですが、それが気に入ってました。
本当は国立で居を構えたかったんですけどね。いかんせん持ち物が…(さらに笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【E257系+E655系TR試運転】へ
  • 【マニ活日記vol,391 東急8500系、秩父鉄道へ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。