スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←201系「四季彩」、終焉へ・・・ →マニ活日記vol,440 拝島工臨を撮る
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

マニ活日記

マニ活日記vol,439 房総・北総地域用209系2100番台NN出場

 ←201系「四季彩」、終焉へ・・・ →マニ活日記vol,440 拝島工臨を撮る
14日、長野総合車両センターにて房総・北総地区ローカル用へ転用改造を受けていた209系のうち第一陣(4両)が同センターを出場し、篠ノ井線~中央線~武蔵野線~新小岩(操)経由で幕張車両センターへ配給輸送されました。

かねてからこの日はお休みを頂いていたので、どこで撮ろうかずっと考えていたんですが、珍しく日曜日の出場でパニックが予想される事や東京の天候があまり芳しくない事を考慮して、西へ向かう事に。。。

早朝に家を出て、拝島~八高線経由で八王子から中央本線の普通列車に乗り込み、長野県に入ってすぐの富士見駅で下車しました。
富士見駅では約20分程中線で停車する事になっており、また橋上駅舎じゃないので影を気にせずゆっくり撮影できるな・・・と。



おなじみのEF64 1030号機に牽かれて姿を現した209系2100番台。
「菜の花色」とか「マツキヨ色」とか言われてますけど(笑)、個人的には良いカラーリングだと思います。

boso209001_c.jpg

boso209002_c.jpg



つづきは↓「Read more」↓をクリックしてお進みください。


それでは実車の紹介に参りましょう。。。

boso209015_c.jpg





1号車
クハ208-2141 【クハ208-24/ウラ23編成】


boso209007_c.jpg



2号車
モハ208-2169 【モハ208-73/ウラ36編成】

※1エンド側にトイレ設置。


boso209008_c.jpg



3号車
モハ209-2169 【モハ209-73/ウラ36編成】

※パンタグラフは菱形のまま。


boso209009_c.jpg



4号車
クハ209-2141 【クハ209-24/ウラ23編成】


boso209010_c.jpg




<その他>
行先表示機は3色LED、列番は5桁表示のLED表示になりました。
分割運用に対応させる為、電気連結器を増設した他、スカートはE231系国府津車以降で見られるようになった強化型のものに換装されました。


boso209003_c.jpg



所属はもちろん「千マリ」。
保安装置表記はATS-PとSNの併設です。


boso209004_c.jpg



クハ209-2141 【左・元ウラ23編成のクハ209-24】と
モハ209-2169 【右・元ウラ36編成のモハ209-73】の連結面。

ウラ23編成は川重製で、ウラ36編成は東急製。
窓枠のR角度や雨樋部に両メーカーの工法の違いが見て取れます。


boso209012_c.jpg



モハ209-2169の主制御器。
E217系更新車と同じ三菱電機製のSC88型(?)でしょうか。


boso209014_c.jpg



モハ208-2169のSIV。
型番を調べましたが分かりませんでした。新形式ですかね?


boso209013_c.jpg



両先頭車は 片持ち式 脚付きのセミクロスシートに。
山手線E231系500番台と類似の緑色系のモケットを採用。
窓辺には小型テーブル付きです。


boso209006_c.jpg



一方で中間車は種車時代のままのロングシート。
モケットもそのままです。


boso209011_c.jpg



そうこうしている内に配給列車【配9432レ】は発車時刻を迎え、富士見駅を発車して行きました。

自分も後続の普通列車に乗って東へ。
途中、竜王駅で同列車を追い抜き、石和温泉駅で下車。
暫く歩いて線路を跨ぐ橋の上で待ち構えました。



葡萄畑の中を行くEF64 1030+209系2100番台。
boso209016_c.jpg


これにて撮影を終了、駅前のサティの中で昼メシを食べて帰宅しました。

なお、国電総研様によると4両編成の一部の先頭車は空気式ドアエンジンの1・2次車が連結される模様で、空気式の車両は「2000番台」を名乗るのではないかとの事です。

今後は、転用改造を行っている各車両センターから次々に出場してくるものと思いますが、そちらも注目したいと思います。
都合が合うようなら、是非また撮影に行きたいですね。。。
スポンサーサイト

~ Comment ~

房総も 

『新時代』到来ですね。

しかも、『4ドア車』といえば、電化当初の『ゲタ電』以来ですねー。(当時の事はリアルタイムでは知りませんが…)

 

>>三鷹区浅倉派様

千葉駅以遠も今や東京への通勤圏となって、かなり混雑しますから4ドア車の導入は賢明かと思っております。

113系と同様に、6連と4連を揃えて連結運転も行うとのこと。
また、セミクロスシートとロングシートの両方を取り入れ、房総/北総地区に合った車両に仕上がったんじゃないかな・・・と思います。

「スカ色・国鉄型」の撤退は寂しいところですが、復活を遂げた209系の永い活躍を期待したいですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【201系「四季彩」、終焉へ・・・】へ
  • 【マニ活日記vol,440 拝島工臨を撮る】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。