スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マニ活日記vol,722 増備が続くE531系の試運転を撮る →中央線 東小金井駅と国立駅 早朝無人化と出札営業時間短縮
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

鉄道の話題

2020年度、中央線快速にグリーン車を導入へ

 ←マニ活日記vol,722 増備が続くE531系の試運転を撮る →中央線 東小金井駅と国立駅 早朝無人化と出札営業時間短縮


e233ect9-6_c.jpg

JR東日本は2月4日、2020年度のサービス開始を目指して、中央線快速と青梅線立川~青梅間(※中央線直通列車)にグリーン車サービスを導入すると発表しました。
同社はグループ経営構想において、「各種サービスの強化を目的とした東京圏ネットワークの充実」を掲げていますが、着席サービスに対するニーズの高い中央線等について、着実なサービス改善を目指す…としています。

【参考資料】
JR東日本プレスリリース「中央快速線等へのグリーン車サービスの導入について」
http://www.jreast.co.jp/press/2014/20150203.pdf


中央線快速電車や青梅線では、豊田車両センター所属のE233系にて運行されていますが、10両貫通編成(T編成)が42本、4両+6両分割編成(H編成)が16本、青梅・五日市線用の青編成は4両が9本、6両が12本という陣容になっています。
また、この度中央線のE233系に導入される計画のグリーン車は、東海道線等で使用されているサロE233形、サロE232形に準じた2階建て車両となり、4号車、5号車に組み込まれる予定です。(グリーン車を組み込んだ編成は12両編成となります。)

推測ですが、グリーン車が組み込まれるのは、T編成とH編成の計58本と予想しています。
各2両ずつ、計116両のグリーン車が新造されるという事になるでしょう。


サロE233形とサロE232形(画像は高崎車3000番台)
e233ecl01-9z_a.jpg


このグリーン車導入計画にあたり、該当駅のホーム延伸や車両基地、線路、信号設備等の改良が行われる予定ですが、中央線という路線が抱える課題をどうクリアしていくのでしょうか。

■車両
E233系豊田車は、201系の老朽置き換え用として2006年~2008年にかけて導入されました。
新造されるグリーン車は2019年または2020年製となり、車齢に最長13年程度の差が生じます。
また、通勤型タイプのバージョンで初のグリーン車となり、トイレの有無や車内の情報提供装置(LED?
LCDモニター?)はどうなるのか気になるところです。
なお、豊田車両センターには汚物処理設備(通称:便抜き)が無いので、グリーン車にトイレを設置するのであれば設備の新設が不可避となりますね。

■車両運用
12両編成化される事で、T編成は12両貫通となる他、分割運用のあるH編成の6両側はグリーン車込みの8両になります。
今回の発表では中央線の緩行線区間や五日市線、青梅線青梅~奥多摩間は対象外となっていますので、これらの区間では車両運用に変更が生じる可能性が高いです。

中央線では昔から早朝深夜は快速用の車両が緩行線区間を各駅停車として走行し、総武線千葉方面からの列車は御茶ノ水折返しとなっています。緩行線各駅はホーム延伸対象外ですので12両編成は入れません。
ダイヤを弄らないなら、総武線各駅停車のE231系、209系が御茶ノ水~東京間にも入線する事になるかと思いますが、千葉~三鷹間の中央-総武終日直通化の方が可能性は高そうです。

五日市線は6両編成での運転で、8両は入れません。
こちらもグリーン車サービスやホーム延伸計画から外れました。
現在、中央線からの直通列車(八高線直通4両+五日市線直通6両:拝島で分割併合)がありますが、グリーン車導入後は8両側を青梅行きにして4両側が五日市線に行くことになるのでしょうか?
五日市線では4両編成は混雑するので評判が良くありません。

大月からの富士急線直通は現行も4両なので、問題は無さそうです。
一方、八高線直通も4両ですが、こちらは併結相手の五日市次第でしょうか。。。

土休日運転のホリデー快速あきがわ・おくたま号はグリーン車を導入しない予定の青編成での運行なら大丈夫そうですが、そこは青編成の運用数次第。もしかしたら他形式に変更もあり得そうです。


■駅設備
この度グリーン車対応改良が行われるのは44駅とされており、中央線東京~大月間の快速電車停車駅と青梅線立川~青梅間各駅の数でピッタリ一致します。
現行で「スーパーあずさ」が停車する東京・新宿・立川(3・6番線のみ)・八王子・大月は12両編成対応のホームを有しています。それ以外の駅ではホーム延伸工事が必要となります。
御茶ノ水や青梅線の東中神等、条件の悪い駅がありますが、どうクリアするのでしょうか。

また、東京駅は1面2線の設備で列車の折返し時間も少ない事から、折返しの際のグリーン車の車内整備に問題が発生しそうです。

■信号設備
編成両数が変わるので、多くの箇所で信号機や転轍機等の移設が必要となります。
また、閉塞区間も変える必要がありますね。
よって、列車の運行本数にも影響が出ます。
首都圏では埼京線で、デジタル無線で在線列車位置を検知する保安装置・ATACSの導入が決まっていますが、この機会に中央線へも導入するか…!?


早朝深夜に運転されているE233系による各駅停車。(画像は工事での臨時運行のもの)
e233ect3-2_c.jpg

総工費750億円をかけて行われるとの事で、JRさんの本気を見たような気がしました。
これから基本設計を経て順次各種工事に入っていくものと思われますが、地元の路線ですから、記録できるものはしっかりと記録したいと思います(・∀・)

今のうちにグリーン無しの現行の姿を撮り貯めておかねば。。。
スポンサーサイト



~ Comment ~

にわかに 

信じがたいニュースですね。

個人的には、グリーン車導入より快速の杉並三駅通過、吉祥寺の特快停車、特急の三鷹通過の方がいいんですけどね(笑)

Re: にわかに 

>>三鷹区浅倉派様

これについては賛否両論なのかな・・・と思います。
吉祥寺への特快停車は私個人的にも便利になるのですが、某IN線がある以上は厳しいでしょうね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マニ活日記vol,722 増備が続くE531系の試運転を撮る】へ
  • 【中央線 東小金井駅と国立駅 早朝無人化と出札営業時間短縮】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。