スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←バスの終点を訪ねる…vol.6 ~松中団地操車場~(立川バス/東京都立川市) →マニ活日記vol,730 E233系 トタH59編成誕生
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

鉄道の話題

八高線拝島駅5番線で昇降式ホーム柵試行導入

 ←バスの終点を訪ねる…vol.6 ~松中団地操車場~(立川バス/東京都立川市) →マニ活日記vol,730 E233系 トタH59編成誕生
画像 6838_a


3月28日(土)から、八高線拝島駅5番線ホームで昇降式ホーム柵の試験使用が開始されています。
この昇降式のホーム柵は相鉄弥生台駅で試験使用された他、JR西日本でも導入されましたが、JR東日本では初めてですね。


拝島駅コンコースから見た八高線5番線ホーム。
整然と立ち並ぶ支柱と黄色いバーがひときわ異彩を放ってますね。

画像 6836_a


車掌の目線です。操作盤が右下にあります。
発車メロディーのスイッチも移設されています。

画像 6839_a


車掌用の停車位置目標です。205系と209系とで異なります。
画像 6841_a


【上】バーが下がっている状態
  【下】列車が到着してバーが上がった状態
点字ブロックより外側に出ると、自動音声で「黄色い線までお下がりください」と一喝されます。

画像 6840_a
画像 6842_a


動画もご覧ください。 



このホーム柵は、山手線等で使用されている連動式のホームドアとは違って車掌により操作され、開扉時も閉扉時もホーム柵が先に操作されます。駆け込み乗車をしづらくなる効果もあります(笑)
また、ホームドアよりも低コストで設置でき、車両のドア数の違いにも対応できるとの事で、今後の展開に期待ですね。。。
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【バスの終点を訪ねる…vol.6 ~松中団地操車場~(立川バス/東京都立川市)】へ
  • 【マニ活日記vol,730 E233系 トタH59編成誕生】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。